スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 初期設定

Football Manager 2013 のリプレイです。

イングランドでの成り上がりプレイです。
初めて Football Manager で、成り上がりをプレイしたときに選んだのが Boreham Wood で、愛着がわいてしまって、今回のプレイも The Wood ですることにしました。

The Wood でプレイし始めるのは、今回で、5,6回めくらいだと思います。
001.jpg
前回のプレイが長かったので、13.3.0 のデータベースで開始するのは初めてです。
エディタデータを52個も読み込んでいるので、途中で落ちないことを祈ります。
前回は、Jのデータと相性が悪いデータがあったのか、2年めで必ず落ちて、Jのデータを抜いてやり直した経験があります。
日本を選んだ状態で遊びたいので(良い選手が出てほしい)、今回は、Jを含めています。
リロードなどは基本的にしないので、盛り上がらないリプレイになるような気がしますが・・・無事、10年以上、続けられますように。

主な導入拡張データは、各リーグの拡張や追加(イングランドは9部まで)、injury を軽減したもの(realistic_injury-system_fm13v0.82435 の怪我・病気の名称を日本語化したもの)、FM13 Full Club Names v1.06(の国名を日本語化したもの)などです。
0002.jpg
FIFA ランキングの上位国から順番に選べる国を選んでいきました。
選びすぎて、ちょっと重過ぎるかな?って感じで、プレイの進みが悪いですが…
003.jpg
欧州5大リーグとブラジル、アルゼンチンと日本のリーグをプレイ可能にしました。
プレイ可能なものは、データで選択できる一番下のリーグまで、見るだけのものは、2部まで(国によっては1部のデータしかないものも)、データベースサイズは、大のカスタムで、開始時期は、イングランドに設定。
004.jpg

監督は、ゲーム内での仮想人格の木崎優を登録。
一番若い年齢にして、日本語しかしゃべれないという初めての挑戦を(これまでは英語がしゃべれる監督でやってました)…たいして、難易度上がらない気もしますが、凡将には、これくらいがお似合いかな。
006.jpg
赴任するのは、ロンドンの北、ハートフォードシャーというベッカムも住んでる高級住宅街にある、The Wood こと、Boreham Wood。
4500人収容できる Meadow Park がホームのカンファレンス南に属するセミプロクラブです。
イングランドの6部は、カンファレンス北とカンファレンス南の2つに分かれています。
メディア予想順位は、6位。
ぶざまな戦いは、できませんね。

最初にデータベースを準備する時間が果てしなく長かった…先が思いやられる…重すぎ。
でも、選ばなかった国って落ちぶれる傾向があるように思うので、がんばって40カ国でのスタートです。

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2012年7月 | HOME | FM2013考察>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。