スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2012年7・8月

まずは、スタッフの補強です。
00019.jpg
00020.jpg
リザーブ監督として来てもらうことになった Lewis Pooley さんです。
Wood が記者会見で挨拶しなさいとセッティングしてくれました。今後は、アシマネさんにお任せですが、この場だけは、まあ、嫌々ながらご挨拶です。
00021.jpg
お決まりのセリフ「サッカーはエンターテイメントだ」。
以前よりずっと守備寄りになった戦術でも、ファンへの約束はいっしょです。実際、2トップなので、破壊力は上がってるくらいかもしれません。
00022.jpg
00023.jpg
00024.jpg
ユースの監督、Matthew Lyons さん。
00025.jpg
00026.jpg
多数のクラブとの争奪戦に打ち勝って、DC Steffan Jones くんを獲得しました。
チームの知識がいっしょなので、1年目はどうしてもなじみの選手が入団してしまいます。
この選手は、自分で申告してくる給料はすごく安いのですが、いっぱい上乗せして提示してすぐに締結しないとよそのクラブに持ってかれてしまう人気選手です。
新人紹介をしろとクラブに言われてしまいました。
00027.jpg
00028.jpg
もちろん褒めちぎります。
ときどき何を答えたら正解なのかわかってない質問があって、選手が不満になることもあったりしますが…。
00029.jpg
最初からケガしてる状態だった Garrard さんが復帰。
00030.jpg
00031.jpg
00032.jpg
DC の数がぜんぜん足りていないので、2人目の補強も DC です。
ベテラン Andras Molnar さん。
00033.jpg
00034.jpg
00035.jpg
まだ陣容は不十分ですが、親善試合が始まってしまいました。
押されまくりでしたが、なんとかドロー。リーグ1(3部)のクラブが相手だったので上出来もいいところです。
00036.jpg
00037.jpg
新しいスカウトの Phil Thompson さん。ちょっとは人材への知識が増えるかなぁ。
00038.jpg
ピッチサイズは標準でお願いします。
00039.jpg
00040.jpg
00041.jpg
フットボールディレクター(雑務担当とも言う)の Martin Evans さん。
重要な仕事は任せずにどうでもいい契約を押し付けます。ブンデスでやったときにフットボールディレクターやユース責任者に良い人材が居ると有利なんだなというのを痛感したので、ちょっとでも助けてもらう予定です。
そのクラブは、素晴らしいユース環境で、世界最高級の人材が居ました。2部なんですけど。ユースを育てるだけでバイエルンとのダービーマッチに勝てました。1部に上がる頃には、バイエルン叩きのめしてカップ戦優勝したし。トータル負け越してたけど。
00042.jpg
00043.jpg
00044.jpg
まだ1人だけ補強できる長期期限付き移籍枠を使って、DL の Ryan Blake くんに Ebbsfleet United から来てもらいました。
00045.jpg
00046.jpg
00047.jpg
プレシーズン2試合めは格下に順調に勝利。
00048.jpg
ブックメーカーは Wood なんて昇格するわけないとか言ってます。
00049.jpg
00050.jpg
00051.jpg
親クラブの Watford にいじめられました。チャンピオンシップ(2部)ですので、こんなもんです。
00052.jpg
Doolan くんが風邪を引いちゃったそうです。
00053.jpg
00054.jpg
00055.jpg
右が本職で真ん中もできる Ollie Monguel くんを獲得。
00056.jpg
00057.jpg
00058.jpg
赤字になろうとも予算を叩き込んで、エース Vincent Pericard さんを獲得。
前回のプレイでは獲得しなかった?と思いますが、イングランド6部なら得点王を取れる人です。
ヘボ監督は、ローテしかしないので、タイトルは取れないと思うけど。
Wood を5部へ連れてってくれるであろう夢先案内人です。
00059.jpg
まったくチームがなじんでいない戦術をやらせているので、もの凄く低いところからのスタートです。
セミプロチームなので、時間配分も調整できないので、そうとう後にならないと戦術バーがマックスになりません。
未成熟な戦術でも Wood は6部では上位のクラブなので、戦えますが、1年目は大変です。
新人紹介をやれと言われました。
00060.jpg
誰が入団しようとも(戦術前提で人を補強してるせいだけど)ヘボ監督は、中央突破しかやりません。
00061.jpg
ずっと財政難に悩むので、ニンジンは吊るさないことにしました。ボーナスないけど、お前ら頑張れ。
00062.jpg
00063.jpg
00064.jpg
ガナーズと引き分けました。リザーブですけど。
00065.jpg
00066.jpg
00067.jpg
ずっと返事が来なかったので、競合もしてたし、よそに取られたとあきらめてたんですが、DC の Paco Craig くんを獲得。
Pericard 取ったので赤字になっててオファー更新もできないで手詰まりだったんですけど、なんとか1年を戦える頭数が揃いました。今回は、短期期限付き移籍は使わない予定です。まあそれも冬の移籍次第ではありますが。
00073.jpg
ほんとは、45Kも給料払ってる WG の Greg Morgan さんを売りたいんだけど、この人、Wood に長く居て、ファンに支持されてて、しかもなんでか、昨年度は Chelmsford City へ移籍してたのに1年で出戻って来ると言う…新入団ほやほやの選手扱いなので、売りに出しても買い手が現れない FM プロテクトな選手なので。
00068.jpg
00069.jpg
開幕間近だと言うのに…。
00070.jpg
00071.jpg
00072.jpg
親クラブにいじめられました。
00074.jpg
Wood の特集記事があったようです。
00075.jpg
主将、副将は、代えずにそのまま Noto と Garrard にお願いしました。
00076.jpg
特集記事でエースだと言われていた Thalassitis くんがキプロスU21に招集されて居なくなりました。シーズン中もちょくちょくいなくなるエースくん。今回は2トップなので、素晴らしい働きを期待しています。
00077.jpg
00078.jpg
最後の親善試合を辛勝して(格下なんだから圧勝しろよな…)、プレシーズンでやれることはやりきりました。
00080.jpg
まあ、戦術理解度はこんなもんだけどね。お前ら頑張れよ。
00079.jpg
開幕直前の Wood のトップチームです。
00081.jpg
25人の熱烈な Wood ファン(選手の身内?)のためにイングランド6部 The Skrill South を戦い抜く Boreham Wood。
いよいよシーズンの開幕です。

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2012年8月 | HOME | Boreham Wood 2012年7月>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。