スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2016年5月

今期 Vanarama Conference を戦った Boreham Wood の Squad です。

GK Jamie Butler
JamieButler1605.jpg
27試合、6.89、3無失点試合、平均失点1.70。
来期はヘボ監督的には正GKの扱い(両者まったく差がないけど)をするだろう守護神。伸び代的な魅力もあるしね。

GK James Russell
JamesRussell1605.jpg
27試合、6.93、4無失点試合、平均失点1.72。
FM13より守備がヘタってる…。最終ラインの選手の質もあるんだろうけど、戦術も煮詰めないとだめそうだな…。
でもストライカーが倍の点取る印象があるから、必然的にGKはこんなもんになるのか?…。まだよくわからんな…。

DR Benjamin Beckles
BenjaminBeckles1605.jpg
29試合、7.21、1得点、11アシスト、5MoM。
昨期に続いて輝やいた右SB。たくさんのアシストをしてくれました。

DL Jordan Brown
JordanBrown1605.jpg
27試合、7.16、2得点、5アシスト。
昨期はやっぱたまたまだったんだろうな…。輝いてくれた左SB。

DL Emmanuel Monthe
EmmanuelMonthe1605.jpg
26試合、6.89、3得点、2アシスト、1MoM。
十分な働きをしてくれた左SB。

DR Alexander McQueen
AlexanderMcQueen1605.jpg
25試合、6.85、4アシスト。
十分な働きをしてくれた右SB。

DC・DM・DR Arche Nkumu
ArchieNkumu1605.jpg
24試合、6.97、3得点、1MoM。
信頼して起用したセンターバック。1番成績出すとは思わなかったけど…。

DC・DM・DR Taylor Parmenter
TaylorParmenter1605.jpg
32試合、6.92、1得点、2アシスト、1MoM。
2シーズン戦って、やっとこういうセンターバックを集めようという指針ができたけど、その指針に合格するような選手は、まったく Wood に来てくれない…。

DC・DM Callum Reynolds
CallumReynolds1605.jpg
23試合、6.90、2得点、1PK。
大切なものがないのを他でカバーしてるセンターバック。でも、要にはなりえないな…。主将。

DC・DM Teddy Ngoy
TeddyNgoy1605.jpg
23試合、6.87、2得点、1アシスト、2MoM。
彼も大切なものを持っていないセンターバック。でも、彼以上のセンターバックを獲るのも Wood には、なかなか難しい…。

DC・DR Dale Bennett
DaleBennett1605.jpg
32試合、6.85、1得点、4アシスト、1MoM。
もう一歩なんだけど試合に出たがるセンターバック。来期はさようならかな…。

DC Jack Batten
JackBatten1601.jpg
14試合、6.70、1アシスト。
シーズン途中まで助けてくれた助っ人センターバック。もっとやれると思ったけど…。まあ、たまたまの面もあるんだろうな…。

DC Paco Craig
PacoCraig1605.jpg
20試合、6.57、1アシスト。
フルタイム契約だともうちょっとましなんだろうけど、コンディションあげにくいパートタイムだとこのスタミナではだめだな…。
スタミナで走れてないけど、走れないのはFM15では非常に大きな欠点だ。

DC Joe McNulty
JoeMcNulty1605.jpg
8試合、6.43。
Batten くんの穴を埋めるべく借りた助っ人センターバック。通用すると思ったけど、だめだったな…。1しかない能力が多すぎるのもだめっぽいな…。面倒なマッチエンジンになったもんだ…。

MC Mahrez Bettache
MahrezBettache1605.jpg
28試合、7.14、7得点、2PK、4アシスト、2MoM。
中盤の要。素晴らしい活躍でした。

DM・MC Sam Cox
SamCox1605.jpg
28試合、7.13、2得点、4アシスト、1MoM。
戦術が煮詰まるまでは(煮詰まってもいっしょかもだけど)、これくらいでDMは合格っぽいな…。副将。

MC・AMC Amadu Waritay
AmaduWaritay1605.jpg
23試合、7.00、1得点、4アシスト。
助っ人なのでもっと活躍して欲しかったけど、今から思うと大きな欠点もかかえてたので、良い成績だったほうかな…。

DM・MC Aaron Jones
AaronJones1605.jpg
28試合、6.99、3得点、2アシスト、2MoM。
今のところFM15だとこれくらいで合格なのかな?…特に不満を感じたことはないDM。

MC・AMC Ricky Shakes
RickyShakes1605.jpg
29試合、6.87、2得点、4アシスト、1MoM。
特に不満はなかったけど、昨期ほどは輝けなかった…。衰えも少しあるしな…。

AMC・MC Jodi Jones
JodiJones1605.jpg
32試合、7.26、8得点、12アシスト、4MoM。
さすがの働きをしてくれた助っ人トップ下。素晴らしい輝きでした。来期居ないけど…。チーム内アシスト王。

AMC・MC・ST Josh Shama
JoshShama1605.jpg
35試合、7.11、6得点、7アシスト、3MoM。
十分な輝きを放ったトップ下。選手選別法はそれほどはずしてはいないっぽいな…。

ST Louie Theophanous
LouieTheophanous1605.jpg
34試合、7.11、27得点、5PK、2アシスト、3MoM。
リーグ得点王2位。もちろんチーム内得点王。素晴らしい活躍だったエース。

ST Matty Whichelow
MattyWhichelow1605.jpg
41試合、7.11、14得点、12アシスト、5MoM。
今期も通用したけど、ストライカーの常識を覆したというよりは、ウィングだった…。素晴らしいアシストと、フリーキックを直接ぶち込む能力があったけど…。チーム内アシスト王。

ST Lewis Toomey
LewisToomey1605.jpg
36試合、6.91、13得点、5アシスト、3MoM。
FM13だと素晴らしい活躍なんだけど、FM15だとこれではだめっぽいな…。ぎり合格レベルなだけっぽい…。

ST Seedy Njie
SeedyNjie1605.jpg
26試合、6.71、5得点、5アシスト。
このタイプのストライカーは2度と獲りません。FM15だとまったく使い物にならないタイプ…。

選手の獲得に1年目の結果を見て大きな方針を決めて、その方針はおおざっぱには合ってる感じでした。
あとはポジションごとに大切なものを見極めていかないといけないけど、それにはたくさんの年数が必要そうです。
センターバックとストライカーは1年目で決めた方針が不十分で、まだまだテコ入れが必要だけど、センターバックとストライカー以外は、来期もこの布陣で戦うつもりです。

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2016年5月 | HOME | Boreham Wood 2016年5月>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。