スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2018年4月

今期 FA Carlsberg トロフィーを制覇した Boreham Wood の Squad です。

GK James Russell
JamesRussell1804.jpg
29試合、6.99、10無失点試合、平均失点0.98。
今期も素晴らしいセービングを見せてくれた守護神。

GK Jamie Butler
JamieButler1801.jpg
15試合、6.95、3無失点試合、平均失点1.33、1MoM。
冬移籍でお別れになったGK。悪くはなかったんだけど、どうしてもGKはもっと良い人はいない?になってしまう…。

GK Alan Smith
AlanSmith1804.jpg
15試合、6.82、4無失点試合、平均失点1.67。
冬移籍で期待して取ったGKだけど、能力は Russell さんに劣らないものを持ってるし☆は上なんだけど、GKはやっぱ☆じゃねーな…。
チームになじんでない分とパンチング傾向が低いのが響いたかな…。

DR Benjamin Beckles
BenjaminBeckles1804.jpg
30試合、7.05、2得点、1アシスト、1MoM。
今期も輝いた右SB。

DL・DR Lewis Aird
LewisAird1804.jpg
28試合、6.93、1アシスト、1MoM。
良い守備をしてくれた新人左SB。

DR・DL Alexander McQueen
AlexanderMcQueen1804.jpg
29試合、6.87、2得点、4アシスト。
素質溢れるサイドバックなんだけど、ゆっくりした成長…。年齢的に厳しいのかもな…。成績的には何の不満もないんだけど…。

DL Emmanuel Monthe
EmmanuelMonthe1801.jpg
16試合、6.79。
冬移籍でリザーブ落ちしたSB。成績に不満はなったくないんだけど、伸び代がないので…。

DL・DR Adam Nditi
AdamNditi1804.jpg
14試合、6.76、1アシスト。
冬移籍で獲得したスピードスター。慣れてくれるにつれ真価を発揮してくれるでしょう。

DC・DR Alex Lacey
AlexLacey1804.jpg
31試合、7.03、1得点、1アシスト、1MoM。
最終ラインの要。今期も良い守備をしてくれました。

DC・DM・DR Archie Nkumu
ArchieNkumu1804.jpg
33試合、6.95、1得点、2MoM。
信頼してるセンターバック。

DC・DM Teddy Ngoy
TeddyNgoy1804.jpg
28試合、6.83、1アシスト、1MoM。
信頼してるセンターバック。でも年齢とPA的にそろそろお別れかな…。

DC Glenn Belezika
GlennBelezika1804.jpg
24試合、6.80、1得点。
良い守備をしてくれた新人センターバック。伸び代の関係で微妙な立場だけど…。

DC James Graham
JamesGraham1804.jpg
12試合、6.78、1MoM。
冬移籍で獲得した素質溢れるセンターバック。及第点の守備をしてくれました。

DC・DR Keith Lowe
KeithLowe1801.jpg
15試合、6.74。
ベテランの味を見せてくれるだろうと取ったセンターバックだったけど年齢的に考慮しとかなきゃいけないのに足に衰えが来たのが誤算だった…。しかも出場機会を求めるし…。冬移籍で代わりを探してリザーブ落ちすることに…。副将。副将をリザーブに置いたのが補正食らった原因なんかなぁ…。

DC Sean Raggett
SeanRaggett1804.jpg
25試合、6.69。
大チョンボをした試合の評価点が響いてるだけでそれほど悪くなかった新人センターバック。ただ伸び代があまりなさそうなのが…。

DC・DR Dan Casey
DanCasey1804.jpg
13試合、6.65。
普通にやれるだろうと思って獲得したセンターバックだけどだめだった…。FM13は長所がちゃんとあれば大丈夫だったんだけど、FM15は顕著な短所があるとだめだな…。1部とかでやってるだけだとそんな選手居ないだろうから気にならないだろうけど…。
視野1だとだめですね。素質あるんだけど、5部だと成長するのを待ってるわけにもいかない。

DC・DM Max Cartwright
MaxCartwright1801.jpg
12試合、6.55、1アシスト、1MoM。
素質あるんだけどだめだったセンターバック。必要なものは持ってると思うんだけどなぁ…。これでだめなのなら、理由は総合的な守備力の低さ、つまり、ポジショニングなんだろうな…。7じゃだめなんですか…。

MC・AMC Lyle Della Verde
LyleDellaVerde1804.jpg
34試合、7.16、5得点、5アシスト、3MoM。
いきなり輝いてくれた中盤の要。来期も頼りにします。

MC Lewis Hornby
LewisHornby1804.jpg
31試合、6.98、3得点、3アシスト、2MoM。
十分な働きをしてくれた新人ミッドフィルダー。

DM・MC Sam Cox
SamCox1804.jpg
41試合、6.90、1得点、3アシスト、1MoM。
今期も安定した守備を見せてくれたDM。主将。

MC・AMC・DM Ben Marlow
BenMarlow1804.jpg
28試合、6.80、1アシスト、2MoM。
及第点の活躍をしてくれた新人ミッドフィルダー。

DM・MC Ghassimu Sow
GhassimuSow1804.jpg
17試合、6.78、1得点、1アシスト。
冬移籍で獲得した守備の要へと育って欲しい素質溢れるDM。

DM・MC Ahmed Abdulla
AhmedAbdulla1801.jpg
18試合、6.78、1得点、1PK。
冬移籍で新人さんと入れ替えリザーブになったミッドフィルダー。良くも悪くもなくだったけど伸び代がないので。

AMC・ST・MC Josh Shama
JoshShama1804.jpg
43試合、7.14、5得点、10アシスト、1MoM。
今期も輝いてくれたトップ下。

AMC・MC Zac Sessions
ZacSessions1804.jpg
36試合、7.10、3得点、1PK、14アシスト、3MoM。
素晴らしい活躍をしてくれた生え抜きの新人司令塔。チーム内アシスト王。

AMC・MC Sam Deering
SamDeering1804.jpg
17試合、7.03、2得点、4アシスト、2MoM。
放出要員になったけど、怪我人続出でトップチームで起用されたことも多かった実力のあるトップ下。腐らず頑張ってくれてありがとね。

ST Eoghan Stokes
EoghanStokes1804.jpg
32試合、7.18、19得点、2PK、6アシスト、2MoM。
真価を発揮してくれたストライカー。チーム内得点王。素晴らしい活躍でした。

ST Will Randall
WillRandall1804.jpg
30試合、7.05、15得点、7アシスト、4MoM。
活躍してくれたストライカー。十分な輝きでした。

ST Eddie D'Sane
EddieDSane1804.jpg
36試合、7.01、15得点、8アシスト、3MoM。
☆は少ないけど安定してゴールしてくれた頼りになったストライカー。素晴らしい活躍でした。

ST Tony Kemp
TonyKemp1804.jpg
33試合、6.90、10得点、7アシスト、3MoM。
将来に期待枠だけど活躍してくれた新人ストライカー。

ST Louie Theophanous
LouieTheophanous1710.jpg
12試合、6.67、6得点、3PK、1アシスト。
今期は不調だったエース。衰えたわけじゃないけど伸び代などの関係からリザーブ落ちに。

ちょっと入れ替えすぎたのもプレイオフを逃がした原因かな…。

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2018年5月 | HOME | Boreham Wood 2018年4月>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。