スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2019年4月

今期 FA Carlsberg トロフィーを連覇した Boreham Wood の Squad です。

GK Conor O'Donnell
ConorODonnell1904.jpg
26試合、6.94、8無失点試合、平均失点0.96。
1年目から素晴らしいセーブを見せてくれた守護神。

GK James Russell
JamesRussell1904.jpg
29試合、6.87、6無失点試合、平均失点1.41。
愛着あるんだけど、そろそろ代わりの若手を育てる時期に来ている守護神。

DL・DR Adam Nditi
AdamNditi1904.jpg
26試合、7.08、5アシスト、1MoM。
慣れて真価を発揮してくれたスピードスター。タンザニア代表。

DR Benjamin Beckles
BenjaminBeckles1904.jpg
27試合、7.04。
今期もしっかり働いてくれた右SB。

DL・DR Lewis Aird
LewisAird1904.jpg
26試合、6.95、1アシスト、1MoM。
安心して左サイドを任せたディフェンダー。

DL Emmanuel Monthe
EmmanuelMonthe1904.jpg
1試合、6.90。
ケガ人が多い時期に1試合だけ起用したリザーバー。

DR・DL Alexander McQueen
AlexanderMcQueen1904.jpg
26試合、6.88、1アシスト。
リーグ1で優れたとか言われる素質だけど、開花は無理そうな右SB。

DC・DR Alex Lacey
AlexLacey1904.jpg
27試合、7.02、1得点、2アシスト、2MoM。
頼りにしてる最終ラインの要。

DC・DM Sean Raggett
SeanRaggett1904.jpg
26試合、7.00、2得点、1アシスト。
☆はないけど信頼の守備をしてくれるセンターバック。やっぱ、高さは一番重要だな。

DC・DR Tom Beadling
TomBeadling1901.jpg
17試合、6.97、2得点、1アシスト、1MoM。
下手にCAが他より多いと「俺様を使え!」がうざくなるな…。悪くないセンターバックだったけど、5割先発で満足しない奴は要らない。

DC・DL・DM Jack Saville
JackSaville1904.jpg
26試合、6.88、1得点、1アシスト。
1年目から信頼の守備を見せてくれたセンターバック。

DC・DM James Graham
JamesGraham1904.jpg
23試合、6.81。
信頼の守備を見せてくれた伸び代に期待してるセンターバック。

DC・DM・DR Archie Nkumu
ArchieNkumu1904.jpg
23試合、6.81、1MoM。
信頼してるセンターバックだけど、そろそろ☆的にお別れかな…。6部でまずまず評価だし…。

DC Glenn Belezika
GlennBelezika1904.jpg
14試合、6.78。
十分な守備を見せてくれたけど☆的、人数的に一時リザーバーになっていたセンターバック。

MC・DM・AMC Ben Marlow
BenMarlow1904.jpg
28試合、7.01、2得点、2アシスト、1MoM。
順調に伸びてくれてるミッドフィルダー。十分な活躍でした。

MC・AMC Lyle Della Verde
LyleDellaVerde1904.jpg
37試合、6.98、3得点、1PK、7アシスト、2MoM。
素晴らしい活躍をしてくれた頼りになるミッドフィルダー。直接FKをぶち込めるのも魅力。

DM・MC Connor Dimaio
ConnorDimaio1904.jpg
31試合、6.97、4得点、1PK、1アシスト、2MoM。
守備の要へと期待してる新戦力だったDM。

DM・MC Glen Kamara
GlenKamara1904.jpg
35試合、6.93、1得点、2アシスト、3MoM。
十分な働きをしてくれた助っ人DM。

DM・MC Ghassimu Sow
GhassimuSow1904.jpg
34試合、6.92、2得点、1アシスト。
チャンピオンシップで優れたと言われる素質の開花は難しそうなDM。FM15は10代で環境的に伸び悩んだ選手を獲って来ても育てるのは下部では無理だな…。

MC・AMC Lewis Hornby
LewisHornby1904.jpg
26試合、6.91、2得点、4アシスト、1MoM。
素質に期待してる中盤の要へと育って欲しいミッドフィルダー。でも開花は無理そうだな…。

AMC・MC Zac Sessions
ZacSessions1904.jpg
43試合、7.36、14得点、5PK、12アシスト、7MoM。
リーグで最高に輝いた、昨期に続いてのMVPも堅そうな生え抜きのトップ下。チーム内アシスト王。

AMC・MC Jack Bayly
JackBayly1904.jpg
40試合、7.00、3得点、8アシスト、1MoM。
いきなり十分な活躍をしてくれたトップ下。

ST Daniel Akindayini
DanielAkindayini1904.jpg
40試合、7.23、24得点、11アシスト、2MoM。
いきなり素晴らしい活躍をしてくれたストライカー。チーム内得点王。

ST Eoghan Stokes
EoghanStokes1904.jpg
32試合、7.15、14得点、2PK、7アシスト、6MoM。
今期も十分な活躍をしてくれたエース。副将。

ST Will Randall
WillRandall1904.jpg
23試合、7.01、11得点、5アシスト、2MoM。
無事に1年過ごしてくれたら…。ガラスのストライカー。主将。

ST Stephy Mavididi
StephyMavididi1904.jpg
27試合、6.79、6得点、12アシスト、1MoM。
決定機をはずしまくった印象が強いけど輝けないはずはないと思うストライカー。チーム内アシスト王。DRコンゴU20代表。

ST Tony Kemp
TonyKemp1904.jpg
10試合、6.61、2得点、2アシスト。
いいものを持ってると思うし育てたいけど、その余裕がない…。FM15にもっと慣れた頃に出会ってたら…。

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2019年5月 | HOME | Boreham Wood 2019年4月>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。