スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2020年5月

今期、リーグ2への昇格を勝ち取った Boreham Wood の Squad です。

GK Conor O'Donnell
ConorODonnell2005.jpg
30試合、6.95、10無失点試合、平均失点1.07。
FM13だと5部なら絶対の守護神って能力なんだけどなぁ…。FM15だと、だいぶ違うなぁ…。

GK Dejan Iliev
DejanIliev2005.jpg
26試合、6.92、9無失点試合、平均失点1.08。
CAが一回り上なのでやれてるんだろうなぁ…。FM15でのGKの評価法を少し見直さないといけないっぽい…。
獲得できる良いGKがほんと見当たらないので、なかなかきつい…。

DL・DR Lewis Aird
LewisAird2005.jpg
28試合、7.14、4アシスト、2MoM。
今期は好調だった左SB。

DL・DR Adam Nditi
AdamNditi2005.jpg
23試合、7.02、2アシスト、1MoM。
今期も安定した守備をしてくれたスピードスター。

DR・DL Alexander McQueen
AlexanderMcQueen2005.jpg
27試合、7.00、4アシスト。
今期も安定した守備をしてくれた右SB。

DR Benjamin Beckles
BenjaminBeckles2005.jpg
27試合、6.96、1アシスト、1MoM。
SB陣には何の不満もない状態。

DC・DL・DR Cole Kpekawa
ColeKpekawa2005.jpg
37試合、7.08、3得点、2アシスト、5MoM。
本職は左なんだけど、中央に慣れてきてくれてるディフェンダー。最終ラインの要に既になってもらっている。

DC・DM Sean Raggett
SeanRaggett2005.jpg
28試合、6.91、1得点。
今期も信頼の守備を見せてくれた Wood の空中戦の柱。☆的には6部の選手なんだけど、DCに高さは一番大事。

DC・DL Ryan Williams
RyanWilliams2005.jpg
27試合、6.91、3得点、3PK、1MoM。
めずらしくちゃんと育ってるセンターバック。これくらいの年齢でないと成長期待しちゃだめくさい…。

DC Niall Canavan
NiallCanavan2005.jpg
11試合、6.82、1得点。
信頼の守備はちゃんと見せてくれた冬移籍に獲ったセンターバック…。でも出番調整ができなくなった…。

DC・DM James Graham
JamesGraham2005.jpg
26試合、6.79。
伸び代に期待してたけど、花開き切らないよなぁ…。

DC・DR Alex Lacey
AlexLacey2005.jpg
26試合、6.77。
今期は少し不調だったセンターバック。

DC・DL・DR・DM Aaron Bentley
AaronBentley2005.jpg
13試合、6.69、1得点。
そのまま彼といっしょにシーズン最後まで過ごしていたら優勝してたんだろうなぁ…と思うセンターバック。
FM13の感覚だと1人入れ替えるくらいで大局に影響なんて出ないから…。甘過ぎた…。

MC・AMC Lyle Della Verde
LyleDellaVerde2005.jpg
33試合、7.15、6得点、9アシスト、3MoM。
他の選手が育ってくれるまでの繋ぎのつもりで獲った完成してた選手。一時的な柱だったはずなのに、絶対的な中盤の柱に…。それほどPAあるわけじゃないんだけど…。FM13なら、他の選手は今頃 Della Verde くんに肩並べてるはずなんだが…。

MC・DM Callum Hay
CallumHay2005.jpg
31試合、6.94、2得点、1アシスト、1MoM。
及第点の活躍をしてくれた新人ミッドフィルダー。守備の要へと育って欲しい。

MC・AMC・DM Ben Marlow
BenMarlow2005.jpg
26試合、6.94、2得点、2アシスト、1MoM。
もっと伸びて欲しかったんだけど、年齢的にまとまっちゃうのかなぁ…?

DM・MC Connor Dimaio
ConnorDimaio2005.jpg
46試合、6.90、2得点、4アシスト、2MoM。
守備の要なんだけど、もう一つ成長しきれない…。FM15は下部クラブだと成長期待するときついな…。

DM・MC Ghassimu Sow
GhassimuSow2005.jpg
36試合、6.84、2得点、2アシスト。
25歳か…。花開かないよなぁ…。FM13だと後半はチームがだいぶ強くなってどんどん楽になるものだったけど、FM15は育たないから楽にならない…。たまに育つ選手居るんだけど…。

MC・AMC Lewis Hornby
LewisHornby2005.jpg
35試合、6.80、2アシスト、1MoM。
彼も花開かない組…。上へ行くと違うんだろうと思おう…。まだスタッフの人数さえ不足してるままの状態だからこその成長しない現象なんだろう…。選手獲得の方針を変えないといけないんだろうなぁ…。

AMC・MC Jack Bayly
JackBayly2001.jpg
4試合、7.50、1アシスト、1MoM。
怪我人いっぱいの時に出てもらったリザーバー。

AMC・MC Lewis Collins
LewisCollins2005.jpg
44試合、7.11、8得点、9アシスト。
リーグ最高のキラーパサー。輝いてくれた助っ人司令塔。

AMC・MC Zac Sessions
ZacSessions2005.jpg
30試合、6.77、1得点、6アシスト。
怪我に泣いて実力が発揮できなかったトップ下。

ST Stephy Mavididi
StephyMavididi2005.jpg
34試合、7.16、18得点、5アシスト、5MoM。
成長して期待通り覚醒してくれたストライカー。チーム内得点王。

ST Eoghan Stokes
EoghanStokes2005.jpg
28試合、7.14、10得点、2PK、10アシスト、5MoM。
及第点の活躍をしてくれたストライカー。チーム内アシスト王。副将。

ST Will Randall
WillRandall2005.jpg
22試合、7.04、12得点、7アシスト、1MoM。
及第点の活躍をしてくれたガラスのストライカー。1年無事ならなぁ…。主将。

ST Daniel Akindayini
DanielAkindayini2005.jpg
33試合、6.98、17得点、7アシスト、4MoM。
今期も輝いてくれたエース。

ST Tony Kemp
TonyKemp2005.jpg
10試合、6.89、2得点、2アシスト、1MoM。
素質に期待してて、使いたいけど使う余裕がなかったリザーバー。獲得直後からずっとレギュラーで使ったら育ったと思うけど…。チーム成績がその心理的余裕をヘボ監督に与えなかった…。

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2020年6月 | HOME | Boreham Wood 2020年5月>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。