スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2014年6月

Wood の財務状態です。
1860.jpg
2013年8月に赤字になってから、右肩下がりでしたが、スタジアムの改装費を出しても、入場料収入で黒字を久しぶりに計上しました。
聖地 Wembley はんぱねー…2試合やるだけで、こんな収入あんのかよ…
現在は、20Mと少し赤字なのかな?

来期の初期予算が決まりました。
1861.jpg
2.45M!…すげえ!…去年の最初は、1Mだったわけで、2.5倍!
めっちゃ気前いいやん…

まずは、契約が切れてしまうスタッフさんを入れ替え。
1864.jpg
代わりにいい人が見つからないぐらいクオリティがそれなりにあった人は、継続して、頑張ってもらうことに。
アシマネさんも引き続きがんばってもらうことに…

選手の方は、結局、契約が切れる人は、全員、更新せずに、卒業してもらうことに…

お金がいっぱいあるので、制御がきかず、「いいな」って思ったら、即、声かけ!…
結局、後で振り返ると、失敗したなぁって思う補強期間だったけど…まあ、そんなもんだよね?…

早速、ラブコールに OK くれた人が…
1862.jpg
Burgess くん…フィジカルが売りな CB。詳しい紹介は後ほど…

理事会の信用。
1863_201308312214506cc.jpg
スタジアムの改装に24M、入場料収入50M…
優勝するより、プレイオフ決勝出たほうがおいしいんじゃね?…

ヨーロッパ最優秀選手は、FC Barcelona の Lionel Messi。
1865.jpg
1866.jpg

新しいフィジカルトレーナーさんが来たよ。
1867.jpg
1868.jpg

スカウト Bernal さんは、引き続き継続してお世話になることに。
1869.jpg
1870.jpg

新しいリザーブの監督さんが来ました。
1871.jpg
1872.jpg
リザーブには誰も居ないし、リーグ参加もしないので、コーチが本業だけどね。

新しいチーフスカウト Senior さんが来てくれました。
1873.jpg
1874.jpg
1877.jpg

ユース育成責任者も新しい人に。
1875.jpg
1876.jpg
1878.jpg

アシマネは、Cook おじさんのままです。
1879.jpg
1880.jpg

新しい日本人コーチが、来てくれました。
1881.jpg
1882.jpg
1883.jpg

ユースの監督も新しい人に。
1884.jpg
1885.jpg

Russell が年度末で契約切れて居なくなるので、GK Fasan くんにオファー。
1886.jpg

AMC もできる ST、Lavery くんをボスマンで獲得。
1887.jpg

ヨーロッパリーグの追加出場枠が決まりました。
1888.jpg

ストライカー、Spencer くんもボスマンです。
1889.jpg

トゥーロン国際大会グループリーグが始まりました。
1890.jpg

レジスタ、Atkinson くん。彼もボスマン。
1891.jpg

ベテラン左 SB、Djebi-Zadi さん。またまたボスマン。
1892.jpg

トップ下もできるストライカー、Twardzik くん。
1893.jpg

トゥーロン国際大会、前回優勝のフランス U20 は強いです。
1894.jpg

Wood くんは、ようやく代表でも活躍。
1895.jpg

イングランド U20 がアルゼンチン U20 を破って、準決勝に進出。
1896.jpg
1897.jpg

ヨーロッパの大会ランキングが発表されました。
1898.jpg

トゥーロン国際大会、イングランド U20 はドイツ U20 に負けちゃいました。
1899.jpg

ヨーロッパスポーツマガジンゴールデンシューは、Arsenal の Olivier Giroud。
1901.jpg
1902.jpg

自由契約で獲得した3人を記者会見でご紹介。アシマネに任せてるけど、これだけは自分でやらないとだめなの?…
1900.jpg
1903.jpg
どんな人が来ても、戦術は、変えません。っていうか、ストライカーできないウイングだけの人は、基本、獲らないしな…

トゥーロン国際大会。イングランド U20 は、フランス U20 に勝利。フランスのこの大会での連勝を止め、決勝に進出。
1904.jpg
1908.jpg
1907.jpg

もうひとつの準決勝は、ドイツ U20 が USA U20 に圧勝。
1909.jpg
1906.jpg
1905.jpg
イングランド U20 は、グループリーグで負けた ドイツ U20 と決勝で再び相見えます。

3位決定戦は、フランス U20 が勝利。
1910.jpg
1911.jpg

トゥーロン国際大会を制したのは、ドイツ U20。
1916.jpg
1912.jpg
1913.jpg
1914.jpg
選手データ。こんな大会で目立つような若手が Wood に居るようになるのは、いつの日か…
1915.jpg
最優秀選手は、ドイツの Leonardo Bittencourt。
1917.jpg
1918.jpg
得点王は、ドイツの Heiko Muller。3位までドイツが独占。
1919.jpg
1920.jpg
最優秀ゴールキーパーは、ドイツの Loris Karius。
1921.jpg
1922.jpg

世界最高の大会、2014 FIFA ワールドカップ、ブラジル大会がついに開幕。
1923.jpg
1924.jpg

現在の世界ランキング。イングランドは10位まで上昇してます。日本は39位。
1925.jpg

AMC/MC/DMC がこなせる Kerr くんをボスマンで獲りました。
1926.jpg

イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスは、チャンピオンズリーグの出場枠を維持しました。
1927.jpg
1928.jpg
1929.jpg
1930.jpg
1931.jpg
プレイ可能にしてる欧州5大リーグの国、アルゼンチン、ブラジル、日本は、ウォッチしてます。

ワールドカップ、グループリーグ。日本は、なんとコートジボワールを破りました。
1932.jpg
フランスがオランダに完勝。
1933.jpg
Messi vs Ronaldo。アルゼンチンは、ポルトガルに敗れました。
1934.jpg

リーグ2の日程発表が近づいてきています。
1935.jpg

ワールドカップ、イングランドは、ブラジルとドロー。
1936.jpg

U22 アジアカップ予選。日本は、順調なようです。
1937.jpg

期限付移籍枠を使って、MC Baldock くんを獲得。
1938.jpg
1939.jpg

ワールドカップ、イタリアがパラグアイを破りました。
1940.jpg
ドイツは、オーストラリアに完勝。
1941.jpg

U22 アジアカップ予選。日本は、インドネシアに勝ちました。
1942.jpg

左 SB。Mark Jones さんが引退です。お疲れ様でした。
1943.jpg

ワールドカップ、フランスがエジプトに敗れる波乱。
1944.jpg

U22 アジアカップ予選。日本は、宿敵韓国を破りました。
1945.jpg

ワールドカップ、アルゼンチンはアルバニアに勝利。
1946.jpg
ブラジル完勝。
1947.jpg
イングランドも試合を支配して勝利。
1948.jpg

イングランド国内での最高の名声を誇るクラブは、Manchester United。
1949.jpg

ワールドカップ、イタリアが決勝トーナメントへ。
1950.jpg
1951.jpg

U22 アジアカップ予選。日本は全勝で突っ走ています。
1952.jpg

リザーブリーグへの招待を固辞しました。
1953.jpg

ユースは、理事会の強権発動で、強制参加です。断る気もないけど…
1954.jpg

ワールドカップ、ドイツが決勝トーナメントへ。
1955.jpg
1956.jpg

サポーターが選ぶ Wood の MVP は、副将 O'Loughlin。
1957.jpg
ベストイレブン。
1958.jpg
1959.jpg
1960.jpg
歴代ベストイレブン。
1961.jpg
1962.jpg
1963.jpg
ある程度、上のリーグへ行っても昔の選手が残るので、そのときに与えた鮮烈な印象で決まってる感じ…

昇格ボーナスがあった選手の給料が上がりました。
1964.jpg
Donnelly くん、高すぎ…

リーグ2の日程が、ついに発表されました。
1965.jpg

リーグ2のテレビ放映権料をいただきました。41M、でかい…
1966.jpg

理事会の要求は、降格回避。
1967.jpg
1968.jpg
どれ選んでも、予算増えないじゃん…財政悪いんだな…赤字なんは知ってるけど…
ってことで、もちろん、約束は、「降格回避」…本当の目標は、「行くぜ、リーグ1!」。

名将、Arsene Wenger さんが引退。
1969.jpg

親クラブなどから、プレシーズンの親善試合の申し込み。
1970.jpg
1971.jpg
1972.jpg
今年は、格上にいじめられるのは拒否。
1973.jpg
なつかしのカンファレンス南の Hayes & Yeading United から招待。
もちろん、受けます。
1974.jpg

現在の自分の能力値評価。
1975.jpg
財務管理が跳ね上がったのは、予算が倍増して、勝手に山ほど余った状態になったから…

ワールドカップ、日本は、決勝トーナメントへ行けませんでした。
1976.jpg
1977.jpg

U22 アジアカップ、日本は予選を突破。
1978.jpg
1979.jpg

ワールドカップ、アルゼンチンが USA に圧勝。
1980.jpg

Jose Mourinho さんが、Real Madrid から、Manchester United へ。
1981.jpg
1982.jpg

サー、Alex Ferguson は、引退したようです。
1983.jpg

Real Madrid の監督の座へ、Klopp さんが動く。
1984.jpg
Dortmund から Bayern 来て、まだまだ日も浅いだろ…

ワールドカップ、イングランドは、決勝トーナメントへ。
1987.jpg
1985.jpg
同じ組のブラジルも決勝トーナメント進出を決めました。
1988.jpg
1986.jpg

予算が実際に減るのは、ボスマンの選手が移籍してくる7月になってからですが、計算上、使い切ってるみたいで、理事会の制限がきつくなって、
選手にオファーしにくくなってきて、これはヤバイと、Donnelly を放り出すことに…
期間開始すぐに、あらかじめ決めてて、すぐに行動したら違ってたろうけど、時、既に遅し…
誰からも声がかからないので、期限付移籍(でも、40%給料負担)で、どや?…ってのに、Forest Green Rovers が救いの手を…
1989.jpg
手当たり次第に欲しいものを買い捲る子供状態だったからなぁ…
ほんとに欲しい選手、2人ほど、満足してもらうオファー出せない状態になってるし…

ワールドカップ、フランスが決勝トーナメントへ。
1991.jpg
1990.jpg

2人めの期限付移籍は、MC O'Keefe。
1992.jpg
1993.jpg

ドイツがメキシコを破ってベスト8へ。
1995.jpg
1994.jpg
イタリアもベスト8。
1997.jpg
1996.jpg

リーグ2は、ヨーロッパで107番目のリーグです。
1998.jpg

カンファレンスナショナルを戦ってくれた期限付移籍の選手たちが帰って行きました。
1999.jpg
2000.jpg
2001.jpg
2002.jpg
2003.jpg
2005.jpg
2006.jpg
2007.jpg

Toomey くんが帰ってきました。契約切れるけど…
2008.jpg

今期で契約が切れた選手たち。
2004.jpg
2009.jpg
2010.jpg
うん?…Cerdeira さんは、引退なんじゃ?…ああ、引退日を7月中旬にしてるのか…

Donnelly が Forest Green Rovers への移籍に興奮してる…
2011.jpg
2016.jpg
いや、おかしーだろ?…まあ、喜んでるのならいいけどさ…

契約切れても残って自動継続を望んでる選手たちを冷たく自由契約に。
2012.jpg
2013.jpg
2014.jpg
2015.jpg

ワールドカップ、アルゼンチンがベスト16で敗退。
2018.jpg
2017.jpg

期限付移籍で帰って行った選手のほとんどが契約切れで自由契約に。
一通り、スカウティングしてみると…
2019.jpg
Doble くんは、リーグ2降格候補とかには、興味がないらしい…

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2014年7月 | HOME | Boreham Wood 2014年5月その3>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。