スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | pagetop

Boreham Wood 2014年8月

今月の予定です。
2168.jpg
いよいよ、リーグ2が開幕します。

リーグ2にだけボーナス奮発。カップ戦は、夢見るような相手じゃないので、通常。
2169.jpg

理事会。5Mの赤字だったらしい。
2170.jpg

戦術理解は順調です。
2171.jpg

親クラブ、チャンピオンシップ(2部)所属の Watford と。
2173.jpg
2172.jpg
そーいや、開始して3年。契約もあるくせに Reading、親善試合オファーしてこねえな…
プレシーズンの集客利益より、モチベが大事って思ってるから Wood からもオファーしないけど。

キャプテン選出。
2174.jpg
主将、Noto。副将は、O'Loughlin。変わらず。

プレシーズン最後の調整マッチ。
2176.jpg
2175.jpg
今期のプレシーズンは、Meadow Park の英雄たちを称える歌が鳴り止みませんでした。

いよいよ開幕するリーグ2のご紹介。
1998.jpg
昨年度の結果。
1831.jpg
マスコミの順位予想。
2177.jpg
Wood は、最下位、降格候補の本命です。

スルガ銀行チャンピオンシップ、優勝は、昨年度の CONMEBOL コパ スダメリカーナチャンプ、Cruzeiro を下して、ヤマザキナビスコカップチャンプ、名古屋グランパス。
2178.jpg
2179.jpg
2181.jpg

それでは、イングランド4部、リーグ2へ挑む Boreham Wood の Squad です。

GK Leo Fasan
LeoFasan14.jpg
LeoFasanS14.jpg
将来性に溢れた前途洋々な若手GK。
敏捷性に溢れ、反応も高いです。メンタルが育ってくれれば…というところ。
頼りになる守護神になってくれることを期待してます。

GK Mikhael Jaimez-Ruiz
MikhaelJaimezRuiz14.jpg
MikaelJaimezRuizS14.jpg
昨年度の途中から加入したベテランGK。
ターンオーバーなので、Wood の半分の試合で、ゴールマウスを任せます。

DR/DL/DMC Pedro Rufino
PedroRufino14.jpg
PedroRufinoS14.jpg
スタミナに裏打ちされた運動量。
チームワーク、ポジショニング、判断力と献身的に右サイドを守ってくれるでしょう。
Purches の穴を埋めてくれるであろうベテラン。

DR Ben Nunn
BenNunn14.jpg
BenNunnS14.jpg
高いスタミナと運動量、勝利意欲、積極性で、走り回ってくれる赴任したときから所属してる右 SB。
ポジショニングよりオフザボールにすぐれ、攻撃のパス回しに積極的に参加します。

DL/DC Lionel Djebi-Zadi
LionelDjebiZadi14.jpg
LionelDjebiZadiS14.jpg
高いフィジカルと運動量で、左サイドをしっかり守ってくれるであろうベテラン左 SB。

DL Jack Obersteller
JackObersteller14.jpg
JackOberstellerS14.jpg
昨年度から引き続き、左サイドを任せます。攻撃的 SB。
今期も昨年度並みの活躍はしてくれるでしょう。

DC Christian Burgess
ChristianBurgess14.jpg
ChristianBurgessS14.jpg
フィジカルが光る、プロフェッシェナルな CB。
不満があるとしたらポジショニングでしょうか。
後進の指導にも、将来期待。

DC/DR Ryan Watson
RyanWatson14.jpg
RyanWatsonS14.jpg
まだまだ伸びるはずの素質溢れる期待の若手 CB。
高さだけが弱点で、それさえあれば、不動の最終ラインの要となってくれそうなんだが…

DC Tyler Fulton
TylerFulton14.jpg
TylerFultonS14.jpg
前途洋々な素質溢れる若手 CB。
高さもあるので、プレミア行くまでは、最終ラインで輝いてくれるはず。
バランスな性格だけが、成長への不安。

DC/DL Murray Wyllie
MurrayWyllie14.jpg
MurrayWyllieS14.jpg
所属先から強奪したいくらいのはんぱない素質を持ってる若手 CB。
「若手センターバック」って呼び方なのに、左サイドもポジ表示じゃ、一番適してる表示になる完璧な適正です。

DC/DMC Teddy Ngoy
TeddyNgoy14.jpg
TeddyNgoyS14.jpg
もう伸びしろはありませんが、Wood 1の高さを誇る CB。

DC Charlie O'Loughlin
CharlieOLoughlin14.jpg
CharlieOLoughlinS14.jpg
6部の頃から、☆だとチーム内で低い方だよなっていう Wood の副将。
昨年度は、サポーターMVPでした。今期も最終ラインから Wood を牽引してくれるでしょう。

MC/DMC Stuart O'Keefe
StuartOKeefe14.jpg
StuartOKeefeS14.jpg
平均的に高くて、Wood で最高の評価をコーチ陣から受けるボールゲッター。
一芸に秀でるほうが輝く気がしますけど、これだけ高ければ4部じゃ文句なしですね。
中盤の要となってくれるでしょう。

MC Chris Atkinson
ChrisAtkinson14.jpg
ChrisAtkinsonS14.jpg
もう一回り伸びる余地のあるハードワーカー。
運動量、オフザボールと高い総合的なメンタルで、パサーとして決定機を演出してくれることを期待。

MC George Baldock
GeorgeBaldock14.jpg
GeorgeBaldockS14.jpg
期限付きでお借りした若手ボールゲッター。
もう一回り伸びる余地があるので、シーズン中にたくましくなって欲しい。

MC Archie Love
ArchieLove14.jpg
ArchieLoveS14.jpg
まだまだ伸びるレジスタ。
ほんとは、ボールゲッターとして伸びて欲しかったんだけど…

MC Jesse Kewley-Graham
JesseKewleyGraham14.jpg
JesseKewleyGrahamS14.jpg
期限付きで2年連続お世話になるボールゲッター。
伸びる余地はまだまだあるので、今期もシーズン中に一回りたくましくなっての活躍を期待。
昨年度は、ただで貸してくれたのに、今年は、全額持てとか…
まあ、Kewley、安いから、いいんだけどさ…

MC/DMC/DR Luke Howell
LukeHowell14.jpg
LukeHowellS14.jpg
素晴らしい運動量を誇るベテランボールゲッター。
期限付き移籍でお借りしました。

MC/DMC/AMC Chez Isaac
ChezIsaac14.jpg
ChezIsaacS14.jpg
もう一回り伸びる余地があるんだけど、結局パートタイム契約のままの Isaac。
今期が契約的にも能力的にも限界だろうし、いまさら成長してもらっても…という、お金とその結果とを天秤にかけた冷たい監督。
最初から設備があったり、プロ契約だったりしたら、もっともっと輝くのになっていう、ほんとに不憫な好漢。
愛着がわいて仕方がない…
今期は、人数配分的にAMCに回ってもらおうかな…という、どこまでも不幸な男。

MC/DMC/AMC Mario Noto
MarioNoto14.jpg
MarioNotoS14.jpg
能力的には、中盤から前線へ華麗なパスを送るレジスタで、それがもっとも Wood としてもいいだろうとは思ってるけど、Isaac と同じで、AMCで起用する予定。
あまりにもバカな選択だと途中で思えば、考え直すだろうけど…。
なってない補強のツケだな…
これまで Wood を牽引し続けてきた、2年前サポーターMVPな主将。

AMC/MC/DMC Kevin Kerr
KevinKerr14.jpg
KevinKerrS14.jpg
チームで最高の選手だと思ってるわけじゃないけど、10番を背負ってもらうチャンスメーカー。
…うーん、タックル低いし、AMC適正が一番高いし…って思ってたけど、冷静さもイマイチだな…
中盤で使うほうが輝く?…まあ、アシストしてくれることに期待。

AMC/MC Graeme Montgomery
GraemeMontgomery14.jpg
GraemeMontgomeryS14.jpg
赴任したときから共に歩んできた技術溢れるウィング…いまや、AMCが本職だけど。
Wood 最高のプレースキッカー。まあ、Noto と二人しか居ないんだけど…。
そーいう意味でも、やっぱ、Long さん、必要だよな…お金ないけど…

ST Adam Wood
AdamWood14.jpg
AdamWoodS14.jpg
たぶん、今でも、Wood 最高の素質の持ち主。若きエース。
施設に使うお金ないのが…育ってくれよ…頼みます…

ST/AMC/MC Patrik Twardzik
PatrikTwardzik14.jpg
PatrikTwardzikS14.jpg
なんでなんかわからんけど、コーチ、スカウト陣が絶賛するセカンドトップ。
高い給料払うんで、ガラスのエースまでは許すけど、期待はずれは勘弁…
まだちょっとだけ成長できる余地はある。

ST James Spencer
JamesSpencer14.jpg
JamesSpencerS14.jpg
もう一回り成長できるターゲットマン。
AMC適正がないので、早くなじんで欲しい。

ST Ryan Curran
RyanCurran14.jpg
RyanCurranS14.jpg
性格的にほんとのエースになるんじゃね?とか思わないでもない若きエース候補。
昨年度は、無理にAMC起用して慣らしたけど、プレシーズン、格下相手とは言え、1トップに起用するとはんぱなく輝いてた…
でも、もう1年、インサイドフォワードの修行させると、将来は楽だと思うんだよな…悩ましい…

ST/AMC Darren Lavery
DarrenLavery14.jpg
DarrenLaveryS14.jpg
必要な能力だけ、ちゃんと持ってる、まだ伸びる余地のあるポーチャー。
どーみても1トップ起用なんだけど、AMC適正もばっちりという、おバカな監督を惑わすストライカー。

ST Clive Platt
ClivePlatt14.jpg
ClivePlattS14.jpg
さすがに衰えが少し見える鉄人ターゲットマン。
昨年度、ほんとに幸せだったんだろう…Wood を愛してくれてるようになったベテラン。
今期も、同様の活躍を期待。

Wood の戦術は、MC がはんぱなく疲労するし、1トップもセカンドトップみたいなタイプが一番フィットするかなぁ?みたいな感じもある。
一人で活路を切り開くようなストライカーじゃなくていいしな。

4-2-3-1、5-2-3-0 な戦術の Wood では、次の人数が自分的なジャスティス。
GK 2
DR 2
DL 2
DC 5から6(サイドができる何人か含む)
MC 5
AMC 5
ST 3(AMCもできること)

もちろん、長期離脱なんて重傷な人が出たら、補強は要るけど。
少しくらいの軽傷が数人って感じなら、これくらいが一番、体調管理とかも楽。
GKの3人目は、不満ためさせるだけだし、3人でまわすと成長悪いし。
成長的には、二人で回ってるのが、どのポジも理想。

今回
GK 2
DR 2
DL 2
DC 6
MC 8
AMC 2
ST 6

ST獲りすぎ…Isaac 出してまで Long さん獲ろうとするくらい配分悪いし…

Wood | コメント:0 | pagetop
<<Boreham Wood 2014年8月その2 | HOME | Boreham Wood 2014年7月その2>>

この記事のコメント

pagetop

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。